作品集







    


 

    い ろ は








京野菜 加茂なすの浅漬けをつくるとき染み出た

      茄子液で書いてみました










 

 

 

 

 

   楽すれば


   楽がじゃまして


   楽ならず


   楽せぬ 楽が


   はるか 楽楽

 

 

   

 

 




    (大分県在住の


          薬師寺英賢 の言葉)

 



 

 

 

 

 

 

    

 

  

 

 

     

         

           樂


 

     たのし ~ ~ ~ ~い





 


 

 

 

 

      ( 下地は竹のランチョンマットです

 

 

                                          2014                        

                     



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ( 禅 語 )

 


  快 哉 (こころよきかな)

 



    苦しいこと 楽しいこと


    人生には色々なことが起こるけれど


    良いことにも 悪いことにも 全力で立ち向かい


    後になって振り返ってみれば


    苦楽総べて「よきかな」


                   【海老田蒼雲 訳】

 












                                      2014





( 良寛詩 )


  昨日住青山  今朝遊城市  納衣百餘結 

  一錬知幾載  倚錫吟晴夜  鋪席日裡眠 

  誰道不藪

 




    立派なお寺もない。

 

    きれいな袈裟もない。

 

    一日の食は、鉢の子に乞し、

 

    泊まる処も定まらず。

 

    足の向くままに、遊んでいる。

 

    経も読まなければ、弟子もいない。


    こんな乞食坊主には、誰も相手にしてくれません。

















                            


                                 2014


 


官兵衛 訓


    われ人に媚びず  

       

     富貴をを望まず


 

   ( 額は、籐の収納籠の フタです



 2014

 

官兵衛 訓

 

 

常に己の進路を求め 

止まざるは水なり









         2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和(なごみ

 


 

                                          2013 

                                  

   

 

     

  一以貫之(いちをもって これをつらぬく)

 

                 毫 

                           2013

 

 

 

 

 

 

 


         月

  月   月 

  み        み 

こ る 多 

の 月 け 月

月 は れ は 

の   ど 

月           

 

 

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

   安穏(あんのん)

 

 

 

 

 

  あ

 

  り

 

  が

 

  と

 

  う

 

お問合せ先

■京都市右京区西院東貝川町24

     シェルブリュー四条502

 

■連絡先

  (携帯電話番号) 

   090-1910-9981